V.TOP レビュー USB2端子をHDMI端子に変える!デュアルディスプレイ可能なHDMIアダプタ

このエントリーをはてなブックマークに追加
USB2端子をHDMI端子に 変える! デュアルディスプレイ可能なHDMIアダプタV.TOP

USB2端子をHDMI端子に変える!デュアルディスプレイ可能なHDMIアダプタV.TOP

序文

はい。

手軽に持ち運べて省スペースにもなり、ファンの音も小さいし、最近はスペックも高く、デスクトップよりノートPCを使っている方が多いかと思います。

しかし、ノートPCの最大の弱点は、モニタの数が少ない(!)ことも一つ挙げられるのではないでしょうか。

幸い、HDMIポートは最近のノートPCには付いていますので、デュアルディスプレイも可能です。

ただ、ノートPC本体のモニタの方は、1366×768の解像度が多く、デュアルディスプレイの真価を発揮できていないケースもあるようです。

そこで!

今回は、ノートPCのUSB2端子をHDMI線の信号線端子に変えるディスプレイアダプターを紹介します。

USB3である必要はありません。USB2の速度で、十分なフルHDのHDMIポートになります。

それでは、行ってみましょう!


V.TOP HDMIディスプレイアダプター

AmazonでのV.TOP HDMIディスプレイアダプター

V.TOP USB-HDMI ディスプレイアダプター

V.TOP USB-HDMI ディスプレイアダプター

https://amzn.to/2UdnSp1

上図は、Amazonで販売されている、「V.TOP」の「USB-HDMI」ディスプレイアダプターです。

記載の通り、「4,899円」もしますね。

他社のディスプレイアダプターは「1,500円」程度です。

この価格差を埋めるものはあるのか?と思いますよね。

はい。

実際、「1,500円」程度のディスプレイアダプターは、ハードウェアとデバイスドライバというソフトウェアが不出来で、ほとんどの場合、USB2(あるいはUSB3)では、フルHDの画面がうまく映りません。

(自分も最初は「1,500円」のディスプレイアダプターを買ってしまって、後悔しました)

しかし、「V.TOP」ブランドの製品は優秀です。

USB3ではなく、より速度の低いUSB2端子にHDMIディスプレイアダプターを接続しても、フルHDモニタで何の遜色もなく映ります。

以下、写真を交えて解説します。

V.TOPのパッケージ

V.TOPのパッケージ。2つとも表

V.TOPのパッケージ。2つとも表

V.TOPのパッケージ。表と裏

V.TOPのパッケージ。表と裏

V.TOPのパッケージは、表と裏、上の写真のようになっています。

特に奇をてらっているわけでもなく、シンプルなパッケージです。

日本製ではないのは間違いないですね^^;

V.TOPのHDMIディスプレイアダプターをUSB2に接続してみる

ノートPCのUSB2の2ポートに、2つのV.TOPを接続

V.TOPのHDMIディスプレイアダプターを、2つのUSB2ポートに接続

V.TOPのHDMIディスプレイアダプターを、2つのUSB2ポートに接続

V.TOPのHDMIディスプレイアダプターを、2つのUSB2ポートに接続しています。

この時点で、トリプルモニタ構成です。(^^)

なお、念のため、USB2端子に直接接続しています。

端子部を拡大

端子部を拡大

端子部を拡大して撮ってみました。

太いケーブルが特徴ですね。




Windowsパソコン、Windowsタブレット用ソフトウェアキーボード「キーサーファー」
50音の「かな」「カナ」「がぎ」「ガギ」「ぱぴ」「パピ」タブから日本語入力できるソフトウェアキーボードです。
日本語変換にはYahoo!のVJEを用いています。もちろん、MS-IMEやATOKへの入力モードへ切り替える「直接入力モード」も備えています。
さらに、スマホのフリック風の2段タップ入力により、入力感をアップさせることができます。1段タップモードと簡単に切り替えることができます。
配色テーマは「グレー」「ブラック」「ピンク」が用意されており、お好みに合わせて切り替えることができます。

実際のデュアルモニタ構成の様子

デュアルモニタ構成の様子

デュアルモニタ構成の様子

デュアルモニタ構成が、うまく出来ています。

今回は、LGのフルHDモニタ2枚ですが、現在はLGの1枚をお古にして、27インチのAcerのモニタにしていますが、何の問題も出ていません

信号電力しか出ないのが弱点

いわゆるHDMIセレクター(電力補償付き)

いわゆるHDMIセレクター(電力補償付き)

ただ、ひとつ弱点があります。

V.TOPのHDMIディスプレイアダプターは、信号電力しか流さないようで、通常のHDMIセレクタ経由ではうまく動かないようです。

そのため、上の写真のように、自分の環境では、「電力補償付きHDMIセレクター」を使用しています。

Amazonの電力補償付きHDMIセレクター

Amazonの電力補償付きHDMIセレクター

https://amzn.to/2K4OtzT

上図のように、HDMIセレクターを電源につなぐ方式のものでないといけません。

もちろん、これは、HDMIセレクターを使用する場合のみのことで、モニタのHDMI端子に直接接続する場合は、何の問題もなく、V.TOPのHDMI端子からケーブルを伸ばして直接接続すればOKです。

タスクマネジャーでのCPU(計算)とGPU(グラフィクス計算)の様子

2019/4/14追記:

タスクマネジャーでCPU(計算)とGPU(グラフィクス計算)の様子を見てみました。

V.TOPで追加したモニタ上で、YouTube動画を見てみて、CPUとGPUをどれだけ消費しているのかをチェックします。

ただ、必ずしもV.TOPを使用しているからCPUやGPUを消費しているのではなく、単にYouTubeを見ているからCPUやGPUが消費されている可能性もあります。

なお、使用したCPUは低消費電力版第6世代Corei5で、このCPUはGPUも兼ねています。

YouTube視聴時

YouTube視聴時

CPUが結構使われいるのに対し、GPUは、14%ほどですね。

動画のデコード(解読)方法はGPUの基本で、以前から省力化の対応が進んでいますから、GPUはそれほど消費していないようです。

逆に汎用計算を行っているCPUが消費されているようです。

YouTube視聴後

YouTube視聴後

YouTube視聴後は、CPU、GPUともにほぼ落ち着きました。

通常の画面では、V.TOPを接続していても、CPUやGPUは消費しないようですね。

まとめ

皆さん、お疲れ様でした。

ここまで読んで頂いて、誠にありがとうございました。

今日の学びを以下にまとめます。

  • TOPのお値段は1個5,000円ほどと高価
    しかし、性能は良い
    他の1個1,500円程度の製品はうまく動作しない。
  • USB2でもTOPのHDMIディスプレイアダプターは実用的に使用できる
    ただし、USB2端子にハブを使うのではなく、USB2端子に直接HDMIディスプレイアダプターを接続する必要がある。
  • V.TOPのHDMIディスプレイアダプターは信号電力しか送らない
    そのため、電力補償のなHDMIセレクターではうまく動かない
    電力補償付き電源に接続するタイプ)のHDMIセレクターを使う必要がある

低コストで済ませられれば、一番いいのですが、やはり良い製品はそれなりの価格がするものですね。

皆さんも、ご購入されるか、よく検討されてください。

なお、自分のUSB3端子は、電源付きHUB経由で1Gbpsの有線LANポートとして使用しています^^

これでノートパソコンのUSB端子は全部埋まりました。

それではー またー (^_^)/

The following two tabs change content below.
KaBA@フリーランス修行中

KaBA@フリーランス修行中

IT企業で経験を積み、社内WordPress講師、C言語新人教育も担当。2016年にフリーランスに転向。以降ソフトウェア関連の業務に従事中。在学中に独学でC言語を覚えました。しかし新卒入社の会社を1年で退職し、モラトリアム(ニート?)に。その間、C++やVB6.0、Perl、HTMLなどをやはり独学で学び実際にプログラムを組んだりして習得、次のIT会社に無事入社できました。 本とインターネットのWeb情報があり、パソコンの練習をする時間さえ確保できれば、独学でもなんとか覚えていくことができる、と、一人思っています。 保有資格は、CS2級ワープロ技士、CS2級表計算技士、OracleマスターGold10g、Linux LPIC level.1、簿記3級、ビジネス会計2級、統計士、第2種情報処理技術者など。 趣味は読書で、小宮一慶さんや松下幸之助さんなど著名人の本を読んでいる他、赤川次郎さんの三毛猫ホームズシリーズや司馬遼太郎吉川英治さんの三国志などが好きです。