漢字の氏名を ふりがなのあいうえお順で 並び替えてみよう – エクセルの使い方/教材

このエントリーをはてなブックマークに追加
漢字の氏名を ふりがなのあいうえお順で 並び替えてみよう - エクセルの使い方/教材

漢字の氏名を ふりがなのあいうえお順で 並び替えてみよう – エクセルの使い方/教材

序文

はい。

皆様こんにちは。

最近、ダイエット・コーラにはまっているKaBAです。

このダイエット・コーラ、味が進化しているのか、美味しくてカロリー・ゼロですね!

おかげで、1ヶ月弱で体重が1.5Kgほど落ちました。

なんにせよ、色々な情報を知っていると、お得な選択肢が増えますね。

さて、今日は、エクセルの名簿の上にある、漢字でかかれた「氏名」を、あいうえお順に並び替える方法という選択肢をお伝えします。

といいますのも、通常の「漢字」では、エクセルは正しくあいうえお順に並び替えることができません

漢字には「音読み」と「訓読み」があり、同じ日本語でもどのように読むかはケースバイケースだからです。

そこで今日は、「漢字氏名」から、「ふりがな」を抜き出す関数をご紹介致します。

「漢字氏名」から「ふりがな」を抜き出せると、あとは、「ふりがな」列を、あいうえお順で並び替えれば、「漢字氏名」列も自動的にあいうえお順に並ぶ、というわけです。

このようなエクセルの使い方を、本日は解説します。

なお、今回のエクセルの使い方の理解のための教材は、このリンクをクリックするとダウンロードできます。


名簿

名簿に「ふりがな列」を挿入

では、これから編集する名簿エクセルシートをご紹介します。

名簿

名簿

名簿は上記のように、「氏名」「メールアドレス」「TEL」の3列にデータが入力されています。

ここまでは、添付教材の「01 名簿下書き01.xlsx」に反映しています。

しかし、このままでは、名簿を「氏名」のあいうえお順に並び替えることができません

「氏名」列は漢字のデータであり、漢字には「音読み」で読む場合と「訓読み」で読む場合があり、エクセルはどちらで読むのか決定できないためです。

そこで、「氏名」欄の右側に「ふりがな」欄を設け、ここに「ふりがな」を挿入することにします。

「ふりがな」列を挿入する。「B」列を右クリックし「挿入」ボタンを押下

「ふりがな」列を挿入する。「B」列を右クリックし「挿入」ボタンを押下

「ふりがな」列を挿入するには、「B」列を右クリックすると出てくるポップアップメニューから「挿入」ボタンを押下します。

「ふりがな」列が挿入できた。

「ふりがな」列が挿入できた。

「ふりがな」列に関数で自動的に「漢字氏名」から「ふりがな」を抜き出す

ふりがなは手入力で入力すると面倒ですが、エクセルは氏名」欄に入力した漢字の読み仮名を、覚えています。

そのため、「氏名」欄から「ふりがな」欄に自動的に「ふりがな」を抜き出せます。

「漢字氏名」から「ふりがな」を抜き出す「PHONETIC」関数

「漢字氏名」から「ふりがな」を抜き出す「PHONETIC」関数

漢字氏名」から「ふりがな」を抜き出すには、「PHONETIC」関数を使用します。

「PHONETIC(A2)」などのように、PHONETIC関数の第一引数「漢字氏名」のセルを指定します。

名簿の全ての「氏名」に対し、PHONETIC関数を割り当てたところ

名簿の全ての「氏名」に対し、PHONETIC関数を割り当てたところ

名簿の全ての「氏名」に対し、PHONETIC関数を割り当てたところです。

B2セルでPHONEIC関数を割り当てた後は、B2セルの右下の■をダブルクリックして、下方向にオートフィルすると、PHONETIC関数が全ての氏名に割り当てられるので便利です。

エクセルにはこのような便利な使い方のできる関数が多いです。

B2セルの右下の■をダブルクリックして、下方向にオートフィルする

B2セルの右下の■をダブルクリックして、下方向にオートフィルする

なお、ここまでの作業は、添付教材の「02 名簿下書き02.xlsx」に反映しています。




Windowsパソコン、Windowsタブレット用ソフトウェアキーボード「キーサーファー」
50音の「かな」「カナ」「がぎ」「ガギ」「ぱぴ」「パピ」タブから日本語入力できるソフトウェアキーボードです。
日本語変換にはYahoo!のVJEを用いています。もちろん、MS-IMEやATOKへの入力モードへ切り替える「直接入力モード」も備えています。
さらに、スマホのフリック風の2段タップ入力により、入力感をアップさせることができます。1段タップモードと簡単に切り替えることができます。
配色テーマは「グレー」「ブラック」「ピンク」が用意されており、お好みに合わせて切り替えることができます。

ヘッダー行を作る

名簿にヘッダー行の装飾を「セルの書式」で作りましょう。

ヘッダー行に「セルの書式」で装飾を作っておくと、「フィルタ」を適用でき、後々便利です。

「ホーム」タブ→「フォント」グループ→「ボールド」、「太枠下罫線」、「セルの背景色黄色」を選択

「ホーム」タブ→「フォント」グループ→「ボールド」、「太枠下罫線」、「セルの背景色黄色」を選択

ッダー行を装飾するには、例えば、「ホーム」タブ→「フォント」グループ→「ボールド」、「太枠下罫線」、「セルの背景色黄色」を選択します。

あくまでの一例ですので、皆様のお好みに合わせてエクセルを使って調節されてください。

なお、ここまでの作業は、添付教材の「03 名簿下書き03.xlsx」に反映しています。

「ふりがな」が正しくなときは?

「氏名」欄に漢字入力する際に、入力したひらがなをエクセルが覚えています。

「PHONETIC関数」は、単にエクセルが覚えている入力したひらがなを抜き出しているだけです。

例えば、「結城恵理子」を「ゆうきちえりかこども」と打って、氏名の漢字の要らない部分(この場合は「結城知恵理科子供」)を削除して対応していた場合、PHONETIC関数は、「ユウキチエリカコドモ」という値を返します。

では、間違ったふりがなを修正するにはどうしたら良いでしょうか?

エクセルの「ホーム」タブの、「ふりがなの表示/非表示」ボタン

エクセルの「ホーム」タブの、「ふりがなの表示/非表示」ボタン

エクセルの「ホーム」タブには、「ふりがなの表示/非表示」ボタンがあります。

氏名列を選択し、「ふりがなの表示/非表示」ボタンを押してみましょう。

氏名セルの上側にふりがなが表示される。ふりがな分をダブルクリックすると編集できる。

氏名セルの上側にふりがなが表示される。ふりがな分をダブルクリックすると編集できる。

名の各セルの上側にふりがなが表示されます。ふりがな部分をダブルクリックすると編集できるようになります。

元の状態に戻したい場合は、再び「氏名」列を選択し、「ホーム」タブの「ふりがなの表示/非表示」ボタンを押下します。

エクセルの意外な使い方、かも、しれませんね・・・(^^;

【完成】ふりがなであいうえお順に並び替え

「データ」タブ→「並び替えとフィルター」グループ→「昇順」(並び替え)ボタンをクリック

「データ」タブ→「並び替えとフィルター」グループ→「昇順」(並び替え)ボタンをクリック

ふりがな列のデータ部の先頭B2セルを選択後、「データ」タブ→「並び替えとフィルター」グループ→「昇順」(並び替え)ボタンをクリックすると、データがふりがな欄のあいうえお順に並び替えられます。

並び替え結果

並び替え結果

並び替え結果は、上図のようになります。

ふりがな列があいうえお順にデータが並び替えられていますね。

他の氏名列やメールアドレス列、TEL列なども、ふりがな列と一緒に並び替えられています。

このように、エクセルはデータを取り扱うことに便利な使い方が用意されています。

なお、ここまでの作業は、添付教材の「04 名簿完成01.xlsx」に反映しています。

エクセル関数日本語化の「ふりがな関数」を使う

エクセル関数日本語化の「ふりがな」関数を使った例

エクセル関数日本語化の「ふりがな」関数を使った例

下記URLのエクセル関数日本語化エクセルファイルを使うとPHONETIC関数などのスペルの覚えにくい関数を使用せずに、「ふりがな関数」として使うことができます。

「=ふりが」まで入力し、「BS(バックスペース・キー)」を押下して、一文字削除すると、上図のように、関数名の補完候補として「ふりがな」「ふりがな表示」などの日本語関数名が表示されます。

なお、ここまでの作業は、添付教材の「05 日本語関数「ふりがな」.xlsm」に反映しています。

「ふりがな」関数で、氏名欄からふりがなを抜き出したところ

「ふりがな」関数で、氏名欄からふりがなを抜き出したところ

ふりがな」関数で、氏名欄からふりがなを抜き出したところです。

関数ウィザードの欄も「=ふりがな(A2)」となっていて、日本語表記の関数名が使用されています。

なお、ここまでの作業は、添付教材の「06 日本語関数「ふりがな」完成.xlsm」に反映しています。

まとめ

皆様、ここまで読んでくださり、大変ありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?

漢字氏名や、漢字表記の取り扱い品など、ふりがなで並び替えたくても並び替えられないものです。

また、いちいちふりがなを入力していくのも大変な作業です。

そこで、今回ご紹介した「PHONETIC」関数や「ふりがな」関数のように、<<ある程度>>は、自動的に漢字からふりがなを抜き出すことができます。

その後は、

  • うまくふりがなを抜き出すことが出来なかったセルにだけ修正を加える。
    この場合は、「ホーム」タブの「ふりがなの表示/非表示」ボタンをクリックします。
  • あるいは、ふりがな列のセルを直接変更する。

のケースが対処法として挙げられます。

どちらのエクセルの使い方をした方が効率がよさそうか、ご自分でご判断され、より効率の高い方法を選択されるのがよろしいかと思います。

それではー またー (^_^)/

こちらもお役に立てれば幸いです。




The following two tabs change content below.
KaBA@フリーランス修行中

KaBA@フリーランス修行中

IT企業で経験を積み、社内WordPress講師、C言語新人教育も担当。2016年にフリーランスに転向。以降ソフトウェア関連の業務に従事中。在学中に独学でC言語を覚えました。しかし新卒入社の会社を1年で退職し、モラトリアム(ニート?)に。その間、C++やVB6.0、Perl、HTMLなどをやはり独学で学び実際にプログラムを組んだりして習得、次のIT会社に無事入社できました。 本とインターネットのWeb情報があり、パソコンの練習をする時間さえ確保できれば、独学でもなんとか覚えていくことができる、と、一人思っています。 保有資格は、CS2級ワープロ技士、CS2級表計算技士、OracleマスターGold10g、Linux LPIC level.1、簿記3級、ビジネス会計2級、統計士、第2種情報処理技術者など。 趣味は読書で、小宮一慶さんや松下幸之助さんなど著名人の本を読んでいる他、赤川次郎さんの三毛猫ホームズシリーズや司馬遼太郎吉川英治さんの三国志などが好きです。