イラストレータの使い方/教材その2 AiCC、AiCS2対応

このエントリーをはてなブックマークに追加

はい。イラストレータの練習教材その2です。

今回は、主にシンボルパレットからシンボル作成します。

シンボルとは、あらかじめ絵として作成済みのIllustratorのデータのことです。

また、シンボルパレットのメニューから、シンボルライブラリを開き、シンボルパレットにシンボルを追加できます。

メニューはシンボルパレットの右上の三角印をクリックすると表示されます。

シンボルパレットのメニューから、シンボルライブラリを開き、シンボルパレットにシンボルを追加できます。

シンボルパレットのメニューから、シンボルライブラリを開き、シンボルパレットにシンボルを追加できます。

今回は、主にリボンをいくつか追加してみました。

また、追加した後に、シンボルを変形しています。

皆さんも、シンボルの縦・横などをいじって、色々な形に変形してみてください。

教材の例はあくまで例ですので、シンボルはお好きなシンボルでかまいません。

教材はこのリンクをクリックするとダウンロードできます。

課題内容

イラストレータの基礎として、主にシンボルをキャンバスに追加し、シンボルを変形する課題です。

例を見てみましょう。

シンボルを配置し変形

シンボルを配置し変形

シンボルを配置し変形 CS2

シンボルを配置し変形 CS2

シンボルは、シンボルパレットの右上の三角印をクリックすると出てくるメニューから、いろいろなシンボルを増やせます。

このメニューから追加できるシンボルは、シンボルライブラリ(シンボル集)と言います。

皆さんも、いろいろなシンボルを追加して見てください。


作画例AiCC

シンボルを配置し変形

シンボルを配置し変形

このように、シンボルは配置したあとは、自由に変形できます。

着色もできますので、色をつけてみてください。

また、パスも変形できます。

やや難しいテクニックになりますが、ペンツールダイレクト選択ツールで、パスのベジェ曲線変形してみてください。

はじめからイラストが完成しているため、あとは少しだけパスを変形するだけで、オリジナルなイラストとなります。

作画例AiCS2

シンボルを配置し変形 CS2

シンボルを配置し変形 CS2

IllustratorCS2でも、シンボルの配置や、シンボルライブラリの使用、着色、シンボルの縦横の変形、シンボルのパスの変形が可能です。

お好みに合わせて、シンボルをオリジナルなイラストに染めてくださいね。

それではー またー (^_^)/

それと、Illustrator入門本を紹介しておきますねー

The following two tabs change content below.
KaBA@フリーランス修行中

KaBA@フリーランス修行中

IT企業で経験を積み、社内WordPress講師、C言語新人教育も担当。2016年にフリーランスに転向。以降ソフトウェア関連の業務に従事中。在学中に独学でC言語を覚えました。しかし新卒入社の会社を1年で退職し、モラトリアム(ニート?)に。その間、C++やVB6.0、Perl、HTMLなどをやはり独学で学び実際にプログラムを組んだりして習得、次のIT会社に無事入社できました。 本とインターネットのWeb情報があり、パソコンの練習をする時間さえ確保できれば、独学でもなんとか覚えていくことができる、と、一人思っています。 保有資格は、CS2級ワープロ技士、CS2級表計算技士、OracleマスターGold10g、Linux LPIC level.1、簿記3級、ビジネス会計2級、統計士、第2種情報処理技術者など。 趣味は読書で、小宮一慶さんや松下幸之助さんなど著名人の本を読んでいる他、赤川次郎さんの三毛猫ホームズシリーズや司馬遼太郎吉川英治さんの三国志などが好きです。