イラストレータの使い方/教材 その3 AiCCとAiCS2に対応

このエントリーをはてなブックマークに追加

はい。イラストレータの教材その3です。

今回は、色々な曲線を破線にしたり、矢印をつけたりします。

具体的には、ペンツールでパスを色々と書き、パスでできた曲線の「アピアランス」の設定を変更し、曲線を破線にします。

そのサンプルは以下のような感じです。

パスで書いた線を破線にする

パスで書いた線を破線にする

色は原色で少々、イタい ☆⌒Σ(≧д≦)ゝイテッ! ですが、練習には十分になります。

上図のように、直線や四角形、角丸四角形、楕円形、ジグザグ線など、色々な線を破線にできます。

また、破線の幅や間隔も自由に設定できます。

教材はこのリンクをクリックするとダウンロードできます。

課題内容

課題内容は前出のもので、色々な線を破線にすることです。

また矢印にすることもできますので、できればやってみましょう。

AiCCの課題内容

AiCCの課題内容

AiCS2の課題内容

AiCS2の課題内容


作画例AiCC

AiCCの課題内容

AiCCの作画例

ペンツールでパスを書いた後、パスを選択すると、画面上部に「コントロールバー」が出てくきます。

次に、コントロールバーの「線」ボタンをクリックし、出てくるダイアログで線を破線にする設定を行います。

「線」ボタンをクリックすると、出てくるダイアログ

「線」ボタンをクリックすると、出てくるダイアログ

ダイアログでは、「線分」と「間隔」の2つのサイズを3つセットまで指定できます。

また、ここの設定で「矢印」も線の前後につける設定ができます。

作画例AiCS2

AiCS2の課題内容

AiCS2の作画例

AiCS2も基本は変わりません。

ペンツールで線を書いて、スペースキーを押しながらキャンバスをクリックし、選択ツールに変えた後、線を選択します。

すると出てくる画面上部のコントロールバーから「線」ボタンをクリックします。

コントロールバーから「線」ボタンをクリック

コントロールバーから「線」ボタンをクリック

この操作で出てくる設定ダイアログで線を破線にしたり、破線の長さと間隔を設定したり、線の前後に矢印を付けることができます。

ペンツールでパスを書く以外にも、四角形ツールや楕円ツールで書いたパスも破線にできます。

例えば楕円ツールで楕円を書いて、アンカーポイントを1点削除して楕円を丸い1本の線にし、線の前後に矢印をつける、などの応用も可能です。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

それではー またー (^_^)/

イラストレーターのペンツールって使いにくいですよねー。自分もよくパスの書き方を間違います。
ペンツールでパスを書くなら、練習また練習!といった感じになりますが、初めにリクツを覚えておくと、効率よくペンツールの使い方を学習できますよ。
アンカーポイントとアンカー線の意味とその動きを理解するだけでも、だいぶ感じが違います。^^

The following two tabs change content below.
KaBA@フリーランス修行中

KaBA@フリーランス修行中

IT企業で経験を積み、社内WordPress講師、C言語新人教育も担当。2016年にフリーランスに転向。以降ソフトウェア関連の業務に従事中。在学中に独学でC言語を覚えました。しかし新卒入社の会社を1年で退職し、モラトリアム(ニート?)に。その間、C++やVB6.0、Perl、HTMLなどをやはり独学で学び実際にプログラムを組んだりして習得、次のIT会社に無事入社できました。 本とインターネットのWeb情報があり、パソコンの練習をする時間さえ確保できれば、独学でもなんとか覚えていくことができる、と、一人思っています。 保有資格は、CS2級ワープロ技士、CS2級表計算技士、OracleマスターGold10g、Linux LPIC level.1、簿記3級、ビジネス会計2級、統計士、第2種情報処理技術者など。 趣味は読書で、小宮一慶さんや松下幸之助さんなど著名人の本を読んでいる他、赤川次郎さんの三毛猫ホームズシリーズや司馬遼太郎吉川英治さんの三国志などが好きです。