【PDF付き】エクセルのセルの セル同士の間の罫線を 点線などに変更しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
エクセルのセルの セル同士の間の罫線を 点線などに変更しよう

エクセルのセルのセル同士の間の罫線を点線などに変更しよう

序文

こんにちは!独学プログラマのKaBAです。

パナソニックのレッツノートの売上げが絶好調だそうですね。

40万台は売れているそうです。以前は20万台程度でした。

現在の1年間のパソコン出荷台数は800万台~900万台ですから、そのうちの4%~5%をレッツノートが占めています。

ビジネスノートパソコンであるレッツノートが、一般の人にも受け入れられているようですね。

それだけ、ビジネス用にオフィスを使う人も増えてきているのだと思います。

社会人になれば、オフィスの使いこなしは必須となりますから、今のうちから習得されていると、今後に生きてきます。

さて、今回のエクセルの課題は、罫線を引く課題です。

格子状の罫線、下罫線、外枠罫線は比較的楽に引けますが、今回は、エクセルの斜めの罫線、間の罫線を引く使い方を解説してみたいと思います。

完成形

完成形

なお、今回のエクセル教材はこのリンクからダウンロードできます。

また、このページのPDFはこのリンクからダウンロードできます。


下書き

下書き

下書き

今回罫線を引く下書きは、上図のようです。

なお、この下書きのデータは、添付教材の「01下書き.xlsx」に入っています。

行方向に各教科の点数平均点が並んでいます。

列方向には、生徒の名前とその生徒が取った点数が並んでいます。

このように一般的な学校で使うようなエクセルシートになっています。

これに罫線を引いていきます。




Windowsパソコン、Windowsタブレット用ソフトウェアキーボード「キーサーファー」
50音の「かな」「カナ」「がぎ」「ガギ」「ぱぴ」「パピ」タブから日本語入力できるソフトウェアキーボードです。
日本語変換にはYahoo!のVJEを用いています。もちろん、MS-IMEやATOKへの入力モードへ切り替える「直接入力モード」も備えています。
さらに、スマホのフリック風の2段タップ入力により、入力感をアップさせることができます。1段タップモードと簡単に切り替えることができます。
配色テーマは「グレー」「ブラック」「ピンク」が用意されており、お好みに合わせて切り替えることができます。

格子状に罫線を引く

格子状に罫線を引く

格子状に罫線を引く

格子状に罫線を引くと上図のように、セル単位で、格子状に通常の太さの罫線が引かれます。

なお、この章のデータは、添付教材の「02格子.xlsx」に入っています。

以下、順番に、格子状に罫線を引くやり方を見ていきましょう。

全体を選択する

全体を選択する

まず、格子状に罫線を引く領域の全体を範囲選択します。

「ホーム」タブ→「フォント」グループ」→「罫線」→「格子」をクリックする

「ホーム」タブ→「フォント」グループ」→「罫線」→「格子」をクリックする

次に、実際に罫線引いていきます。

「ホーム」タブを開き、「フォント」グループの「罫線」ボタンの右側の「▼」ボタンをクリックします。

するとポップアップメニューがでてきますので、「格子」をクリックします。

格子状に罫線が引かれた

格子状に罫線が引かれた

実行の結果、格子状に罫線が引かれました。

エクセルの罫線の使い方では、やや一般的な使い方だと思います。

斜め罫線と下二重罫線を引く

次に、「平均点」セルの上のセルに斜め罫線を引きます。

また、「平均点」セルから始まる行の下に、下二罫線を引きます。

なお、この章のデータは、添付教材の「03斜め罫線.xlsx」に入っています。

「斜め罫線」を引く

右クリック

右クリック

斜め罫線を引くには、まず、「平均点」セルの一つ上のセルで右クリックし、ポップアップメニューを開きます。

ポップアップメニューが開いたら、「セルの書式設定」項目をクリックします。

セルの書式設定ダイアログ

セルの書式設定ダイアログ

セルの書式設定ダイアログが開きますので、「罫線」タブをクリックします。

さらに、「罫線」タブの「線」エリアの「スタイル」に箇所にて、通常の罫線をクリックして選択します。

次に、「罫線」タブの「罫線」エリア(画面中央)の、右下のボタンをクリックします。(赤枠の中のボタンです)

このボタンをクリックすると、右下がり斜め罫線を引くことができます。

右下がりの斜め罫線を引くことを設定したところ

右下がりの斜め罫線を引くことを設定したところ

上図が右下がりの斜め罫線を引くことを設定したところです。

最後に「OK」ボタンをクリックして、「セルの書式設定」ダイアログを閉じます。

実行結果

実行結果

実行した結果として、上図のように、右下がりの斜め罫線が引かれています。

下二重罫線を引く

次に、「平均点」セルのある行に下二罫線を引いて、「平均点」と「生徒」の点数に区切りを付けましょう。

「平均点」セルのある行を範囲選択

「平均点」セルのある行を範囲選択

「平均点」セルのある行を範囲選択したところです。

「ホーム」タブ→「罫線」→「下二重罫線」をクリック

「ホーム」タブ→「罫線」→「下二重罫線」をクリック

上図のように、「ホーム」タブを選択してから、「フォント」グループにある「罫線」ボタンの右側の「▼」をクリックします

するとポップアップメニューが開きますので、「下二重罫線」をクリックします。

下に重慶線が引けた

下二重慶線が引けた

すると、上図のように、下二重慶線が引けます。

この、エクセルの斜め罫線を引く使い方は、やや応用的ですね。

上部のセル同士の間の罫線を点線にする

次に、「平均点セル」のある行から上部の部分のセル同士の間の罫線を点線にします。

なお、この章のデータは添付教材の「04上部中間罫線.xlsx」に入っています。

上部のセル同士の間の罫線を点線にする

上部のセル同士の間の罫線を点線にする

 

上図のように、上部のセル同士の間の罫線が点線になるように設定していきましょう。

「英語」~「社会」までと、その一つしたの行を選択する

「英語」~「社会」までと、その一つしたの行を選択する

まず、セル同士の間の罫線を変更する対象である、「英語」~「社会」までと、その一つ下の行を選択します。

「選択範囲」を右クリック→「セルの書式設定」をクリック

「選択範囲」を右クリック→「セルの書式設定」をクリック

選択範囲を、右クリックするとポップアップメニューが開きます。

ポップアップメニューから「セルの書式設定」をクリックします。

「罫線」タブ→「線」グループ→「スタイル」候補→「2つめの点線」をクリック

「罫線」タブ→「線」グループ→「スタイル」候補→「2つめの点線」をクリック

「セルの書式設定」ダイアログが開きます。

ここで、「罫線」タブ→「線」グループ→「スタイル」候補とたどっていき、スタイルの選択肢のうち、赤枠で示した2つめの点線をクリックし選択します。

次に「罫線」グループ(画面中央)の、下側中央部にある赤枠で示したボタンをクリックすると、縦の罫線が点線になります。

縦の罫線が点線になったところ

縦の罫線が点線になったところ

この縦の罫線は、「セル同士の間の縦の罫線」を示します。

このように、セル同士の間の罫線の線種を指定するには、「セルの書式設定」ダイアログを開いて、今までの手順を踏む必要があります。

次に横の罫線も点線にしてみましょう。

「罫線」タブ→「線」グループ→「スタイル」選択肢→「点線」をクリック

「罫線」タブ→「線」グループ→「スタイル」選択肢→「点線」をクリック

同様に、「罫線」タブの「線」グループの「スタイル」領域にある線種の選択肢のうちから、赤枠で示した点線をクリックし選択します。

次に、「罫線」グループ(画面中央)の左側の縦位置中央のボタンをクリックします。

横方向のセル同士の間の罫線が点線になった。

横方向のセル同士の間の罫線が点線になった。

これで、セル同士の横方向の間の罫線が点線になります。

最後に「OK」ボタンをクリックします。

「平均点」から上部の範囲のセルのセル同士の間の罫線が点線になった

「平均点」から上部の範囲のセルのセル同士の間の罫線が点線になった

「平均点」から上部の範囲のセルのセル同士の間の罫線が点線になりました。

このように、エクセルで複雑な罫線を引く使い方をするには、詳細設定のできるダイアログを開くことが一般的です。

下部のセル同士の間の罫線を点線にする

下部のセルのセル同士の間の罫線も点線に

下部のセルのセル同士の間の罫線も点線に

下部のセルのセル同士の間の罫線も点線にしてみましょう。

なお、この章のデータは、添付教材の「05下部中間罫線.xlsx」に入っています。

下部を範囲選択する

下部を範囲選択する

上部の時と同じ手順で、まずは、セル同士の間の罫線を点線にする対象のセルを範囲選択します。

「選択範囲」を右クリック→「セルの書式設定」をクリック

「選択範囲」を右クリック→「セルの書式設定」をクリック

「選択範囲」を右クリックして、ポップアップメニューを開きます。

次に、ポップアップメニューから「セルの書式設定」をクリックします。

「セルの書式設定」ダイアログで、縦横の罫線を点線にします。

「セルの書式設定」ダイアログで、縦横の罫線を点線にします。

まずは、「罫線」タブを開きます。

次に、「線」グループの「スタイル」領域の線種の選択肢から点線をクリックし選択します。

そして、「罫線」グループ(画面中央)の2つの赤枠で示したボタンをクリックして、縦と横のセル同士の間の罫線を引きます。

最後に「OK」ボタンをクリックし罫線の設定を確定します。

完成形

完成形

無事、セル同士の間の罫線が引けました。

このエクセルでのセル同士の罫線を引く使い方は、身につけられると損はないと思います。

なお、ここまでのデータは、添付教材の「99完成形.xlsx」に入っています。

まとめ

皆様大変お疲れ様でした。

ここまで読んで頂いて、誠にありがとうございました。

今日の学びを以下にまとめます。

  • 格子状に罫線を引くには、罫線を引く範囲を範囲選択し、「罫線」ボタンから「格子」をクリックする。
  • 下二重慶線を引くには、罫線を引く範囲を範囲選択し、「罫線」ボタンから「下二重慶線」をクリックする。
  • セル同士の間の罫線を引くには、セルまたは選択範囲右クリックし、「セルの書式設定」をクリックする..
    「セルの書式設定」ダイアログから線種(今回は点線でした)を選び、画面中央の「罫線」グループから、左側縦位置中央ボタンと、下側横位置中央のボタンをクリックすることでセル同士の間の罫線を引ける。

「セルの書式設定」ダイアログは使いこなすには、なかなか骨が折れますが、慣れてくると色々な便利な設定ができて重宝します。

本日の学習を機会に、ぜひ、エクセルの「セルの書式設定」ダイアログの使い方に親しんでください。

それではー またー  (^_^)/

以下の書籍もお役にたてれば幸いです





The following two tabs change content below.
KaBA@フリーランス修行中

KaBA@フリーランス修行中

IT企業で経験を積み、社内WordPress講師、C言語新人教育も担当。2016年にフリーランスに転向。以降ソフトウェア関連の業務に従事中。在学中に独学でC言語を覚えました。しかし新卒入社の会社を1年で退職し、モラトリアム(ニート?)に。その間、C++やVB6.0、Perl、HTMLなどをやはり独学で学び実際にプログラムを組んだりして習得、次のIT会社に無事入社できました。 本とインターネットのWeb情報があり、パソコンの練習をする時間さえ確保できれば、独学でもなんとか覚えていくことができる、と、一人思っています。 保有資格は、CS2級ワープロ技士、CS2級表計算技士、OracleマスターGold10g、Linux LPIC level.1、簿記3級、ビジネス会計2級、統計士、第2種情報処理技術者など。 趣味は読書で、小宮一慶さんや松下幸之助さんなど著名人の本を読んでいる他、赤川次郎さんの三毛猫ホームズシリーズや司馬遼太郎吉川英治さんの三国志などが好きです。