50音ソフトウェアキーボード キーサーファー ver1 (スクリーンキーボード)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

目次

50音ソフトウェアキーボード「キーサーファー」(スクリーンキーボード)

590音ソフトウェアキーボード キーサーファー

590音ソフトウェアキーボード キーサーファー

WindowsタブレットもしくはPC向け50音ソフトウェアキーボード(スクリーンキーボード)「キーサーファー」を紹介します。

 

文字入力中も自動的に隠れて邪魔にならず、スグ出せる

【入力中】

【入力中】

文字を打っていって、「入力」ボタンをタップすると、文字が文書に入力された後、・・・

【入力後、背面の文書が見える】

【入力後、背面の文書が見える】

キーサーファーの画面が小さくなるので、文字が入力された文書を確認することができます。

小さくなったキーサーファーの「開く」ボタンをタップすると、・・・

【「開く」ボタンを押し、再び入力再開】

【「開く」ボタンを押し、再び入力再開】

再びキーサーファーの50音ソフトウェアキーボード(スクリーンキーボード)が表示されるので、続けて文字を入力できます。

¥280 – 購入

 

2019/12/20 マイナーバージョンアップにつきまして

キーサーファーVer1のメジャーバージョン「1」の間は、プロダクトコードとライセンスキーは変わりません。

そのため、Ver1.19.12やVer1.19.15、Ver1.20.9などのメジャーバージョンは「1」ですので、バージョンアップは無料です。

2020/3/3 「試用」ボタンの追加

簡単に「試用」できるよう、最初のダイアログから「試用」ボタンを追加しました。

2020/4/14 バグ修正

「隠す」ボタン押下後に表示されるフロートフォームのサイズが、どんどん大きくなってしまうバグを修正しました。
次バージョンでは、このフロートフォーム上に上下左右カーソルキーとFnキーを追加する予定です。

試用される場合や、ライセンスを取得される場合のマニュアル

試用される場合や、ライセンスを取得される場合のマニュアルを以下のURLのページにて公開しています。

当サイトのご購入ガイド:

ご興味があれば、他のアプリも以下のリンクからどうぞ。

PayPal.Meも宜しければ、お願い致します。

kabahandle paypal me

kabahandle paypal me

kabahandle PayPal.Me


キーサーファーのご紹介

【ソフトキーボード「キーサーファー」】

【ソフトキーボード「キーサーファー」】

Windows用のソフトキーボード(スクリーンキーボード)「キーサーファー」です。

タッチパネルでの入力向けです。

上図の通り、50音配列のキーボードですので、簡単に入力できます。

フリック入力風の2段階タップですので、ゆっくりと落ち着いて50音を選択できます。

もちろん、1回タップにも設定を変更可能です。

50音で入力できます

【ひらがな、カタカナ、濁音、半濁音ごとにタブを選べます】

【ひらがな、カタカナ、濁音、半濁音ごとにタブを選べます】

「かな」「カナ」「がぎ」「ガギ」「ぱぴ」「パピ」のタブごとにの50音が配列されていますので、簡単に目的のタブを開けます。

「がぎ」「ガキ」「ぱぴ」「パピ」タブでは、濁音、半濁音のボタンは、薄いピンクで強調表示されているため見やすいです。

他に、「A-Z(英字)」「数字」「電卓」タブから文字の入力も可能です。

入力途中で背面を確認したくなったとき「隠す」ことができます

【「隠す」ボタン】

【「隠す」ボタン】

また、「隠す」ボタンをタップすることで、いつでも小さな表示にでるので、日本語入力中に、背面のワード文書やエクセル文書などを確認できます。

ドラッグで移動できます

【移動するにはここをドラッグ】

【移動するにはここをドラッグ】

キーサーファーの画面を移動するには、「移動にはここをドラッグ」あたりをドラッグすえると、キーサーファーの画面を移動できます。

英数字も入力できます

【英数字も入力できます】

【英数字も入力できます】

英字も入力できます。普通のa~zの順番で入力する以外に、上図のようにa、d、g、j、m、p、t、w、をタップして、ケータイ・スマホ風の入力もできるので、打つことに戸惑いがありません。

電卓にて数字も入力できます

【電卓入力】

【電卓入力】

また、「電卓」入力も可能です。

なお、「電卓」入力では2段階タップではなく、常に1回タップで入力できるので、邪魔になりません。

記号も入力できます

【記号入力も可能です。】

【記号入力も可能です。】

【記号入力も可能です。】

記号も半角の記号、全角の記号を入力できます。

2タップ入力も可能です

2タップ入力

2タップ入力

「2回押し」にチェックを入れいていると、2タップモードでの50音入力を行うことができます。

簡単に拡大縮小できます

【画面の拡大縮小が可能です。】

【画面の拡大縮小が可能です。】

画面中の「▲」「▼」ボタンをタップすることにより、画面の表示比率を10%~255%まで変更できるので、スクリーンサイズに合った大きさにすることができます。

表示比率は次回起動以降でも保持されます。

変換候補ウィンドウは横に広げることができます

【変換候補欄は引き伸ばしが可能です。】

【変換候補欄は引き伸ばしが可能です。】

文字を入力していくと、自動的に変換候補が右下に表示されます。

初期配置では、変換候補欄は比較的せまいのですが、上図の赤枠のボタンをタップすると、変換候補表示欄が横に広がりますので、変換候補を見やすくできます。

テーマカラーを切り替えできます

設定画面にて、キーサーファーのテーマカラーを変更できるので、お好みにあった色にすることができます。

  • 通常(グレー)
  • ダーク
  • ピンク

の3種類を設定できます。

【テーマカラー「ダーク」】

【テーマカラー「ダーク」】

ダークカラーです。

【テーマカラー「ピンク」】

【テーマカラー「ピンク」】

ピンクカラーです。

透過カラー

透過カラー

透過カラーです。

直接入力

下記、赤枠の「直接キー」ボタンを押下すると、YahooVJEを使わずに直接キー入力をシミュレーションするモードになります。

お手持ちのMS-IMEや、ATOKなどでの日本語入力が可能となtります。

【直接キー】

【直接キー】

上図の赤枠の「直接キー」ボタンを押下することで、直接キー入力モードになります。

【直接キー入力モードで、ATOKを使って日本語を入力しているところ】

【直接キー入力モードで、ATOKを使って日本語を入力しているところ】

直接キー入力モードで、ATOKを使って日本語を入力しているところです。

もちろんMS-IMEも使用可能です。

CTRL+アルファベットの組み合わせキー入力もできるようになりました。

CTRL+アルファベットキーの組み合わせ入力

CTRL+アルファベットキーの組み合わせ入力

ver1.9.12から、CTRLキー+アルファベットキーの組み合わせ入力も可能になりました。

メモ帳やワードで、CTRL+S(保存)、CTRL+A(すべて選択)なども可能です。

縦長モード(トール・モード)の追加

キーサーファー縦長モード(トール・モード)

キーサーファー縦長モード(トール・モード)

上図のように、キーサーファーの縦長表示モード(トール・モード)を追加しました。

画面横幅と縦幅を、切り替えて使用できるようになっています。

キーサーファーをライセンスコードを保ったままバージョンアップする方法

キーサーファーをバージョンアップすると、旧バージョンのデータが消えてしまいます。

そのため、ライセンスデータも消えてしまいます。

そこで、新バージョンのインストール前に、旧バージョンのデータをバックアップしておき、新バージョンのインストール後にバックアップしておいたデータファイルをコピー&貼り付けする方法を紹介します。

C:\Users\<あなたのユーザー名>\AppData\Roaming\Ringing-Web\KeySurfer

C:\Users\<あなたのユーザー名>\AppData\Roaming\Ringing-Web\KeySurfer

C:\Users\<あなたのユーザー名>\AppData\Roaming\Ringing-Web\KeySurferのフォルダを開きます。

なお、「AppData」は隠しフォルダですので、以下のように、エクスプローラーの「表示」タブの「隠しファイル」にチェックをいれておきます。

「表示」タブ→「隠しファイル」チェックボックスをチェック

「表示」タブ→「隠しファイル」チェックボックスをチェック

次に、C:\Users\<あなたのユーザー名>\AppData\Roaming\Ringing-Web\KeySurferフォルダ内の、

「App_Data」というフォルダを適当なバックアップ用フォルダにコピー&貼り付けします。

「App_Data」というフォルダを適当なバックアップ用フォルダにコピー&貼り付け

「App_Data」というフォルダを適当なバックアップ用フォルダにコピー&貼り付け

次に、キーサーファーの新バージョンをインストールします。

新バージョンをインストール後、バックアップフォルダの「App_Data」フォルダをコピーします。

新バージョンをインストール後、バックアップフォルダの「App_Data」フォルダをコピー

新バージョンをインストール後、バックアップフォルダの「App_Data」フォルダをコピー

最後に、C:\Users\<あなたのユーザー名>\AppData\Roaming\Ringing-Web\KeySurferフォルダに、「App_Data」フォルダを上書きで貼り付けます。

C:\Users\<あなたのユーザー名>\AppData\Roaming\Ringing-Web\KeySurferフォルダに、「App_Data」フォルダを上書きで貼り付けます。

C:\Users\<あなたのユーザー名>\AppData\Roaming\Ringing-Web\KeySurferフォルダに、「App_Data」フォルダを上書きで貼り付けます。

■05  C:\Users\<あなたのユーザー名>\AppData\Roaming\Ringing-Web\KeySurferフォルダに、「App_Data」フォルダを上書きで貼り付けます。

 

以上で、ライセンスコードを引き継いで、キーサーファーの新バージョンをご使用いただけます。

¥280 – 購入

2019/11/4改訂版更新

漢字変換高速化や、CRTL+A、CTRL+Sなどを入力可能にしました。

2020/1/25 トール・モードの追加

キーサーファーの表示モードに、従来の横長のワイド・モードに加え、縦長のトール・モードも追加しました。

2020/3/3 「試用」ボタンの追加

簡単に「試用」できるよう、最初のダイアログから「試用」ボタンを追加しました。

2020/4/14 バグ修正

「隠す」ボタン押下後に表示されるフロートフォームのサイズが、どんどん大きくなってしまうバグを修正しました。
次バージョンでは、このフロートフォーム上に上下左右カーソルキーとFnキーを追加する予定です。

当サイトのご購入ガイド:

ご興味があれば、他のアプリも以下のリンクからどうぞ。

The following two tabs change content below.
KaBA@フリーランス修行中

KaBA@フリーランス修行中

IT企業で経験を積み、社内WordPress講師、C言語新人教育も担当。2016年にフリーランスに転向。以降ソフトウェア関連の業務に従事中。在学中に独学でC言語を覚えました。しかし新卒入社の会社を1年で退職し、モラトリアム(ニート?)に。その間、C++やVB6.0、Perl、HTMLなどをやはり独学で学び実際にプログラムを組んだりして習得、次のIT会社に無事入社できました。 本とインターネットのWeb情報があり、パソコンの練習をする時間さえ確保できれば、独学でもなんとか覚えていくことができる、と、一人思っています。 保有資格は、CS2級ワープロ技士、CS2級表計算技士、OracleマスターGold10g、Linux LPIC level.1、簿記3級、ビジネス会計2級、統計士、第2種情報処理技術者など。 趣味は読書で、小宮一慶さんや松下幸之助さんなど著名人の本を読んでいる他、赤川次郎さんの三毛猫ホームズシリーズや司馬遼太郎吉川英治さんの三国志などが好きです。