エクセル関数日本語化Pro Ver.3

このエントリーをはてなブックマークに追加
エクセル関数日本語化Pro

エクセル関数日本語化Pro

序文

はい。皆さんいかがお過ごしですか?

今春から、大学生になったり、社会人になったり、心機一転、エクセルの勉強を始められた方も多いかと思います。

お仕事でエクセルが使えると、お仕事の能率が目に見えてあがりますからねー。

でも、エクセル関数、というと、ちょっと小難しそうで使いにくいかもしれません。

今回は、そのエクセル関数を日本語のエクセル関数として使えるソフト「エクセル関数日本語化Pro」の紹介をします。

また、英語のエクセル関数を、日本語のエクセル関数翻訳する機能と、逆に日本語のエクセル関数を英語のエクセル関数に逆翻訳することもできます。

読みにくく、意味の把握しづらい英語のエクセル関数に無理に取り組んで挫折することも結構ありますので、まずは入門として日本語のエクセル関数で勘所をつかむのも一つの手かと思います。

日本語のエクセル関数を関数ウィザードで開くと、元の英語のエクセル関数名が分かりますので、英語のエクセル関数の勉強用にも使えます。

それでは、いってみましょう!


日本語関数の使えるエクセルブックの作成

エクセルの「VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する」オプションを有効にする

「エクセル関数日本語化Pro」を使用するには、事前に、「VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する」を有効にする必要があります。

これは、「エクセル関数日本語化Pro」がエクセルブックのマクロ(VBA)を操作して、マクロを追記するからです。

通常は、エクセルブックのマクロを操作すると、悪意のあるプログラムであった場合は、ウィルスが混入したりするため、セキュリティが甘くなります。

そのため、「エクセル関数日本語化Pro」を使用される場合は、信頼できるウィルス対策ソフトを導入されることをお勧めします。

もっとも、エクセルのマクロウィルスは昔から有名でしたので、昨今のウィルス対策ソフトでは、いの一番にセキュリティが対応しています。

エクセルを起動し、「ファイル」メニュー」をクリックする

「ファイル」メニューをクリック

「ファイル」メニューをクリック

エクセルを起動したら、「ファイルメニュー」をクリックします。

「オプション」をクリック

「オプション」をクリック

 

「ファイル」メニューを開いたら、「オプション」メニュー項目をクリックします。

「セキュリティセンター」の「セキュリティセンターの設定」ボタンをクリック

「セキュリティセンター」の「セキュリティセンターの設定」ボタンをクリック

「Excelのオプション」ダイアログが表示されるので、「セキュリティセンター」メニューをクリックし、「セキュリティセンターの設定」ボタンをクリックします。

「マクロの設定」を選択し、「VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する」にチェック

「マクロの設定」を選択し、「VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する」にチェック

「セキュリティセンター」ダイアログが開きますので、「マクロの設定」を選択し、「VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する」にチェックを入れて、「OK」ボタンをクリックします。

これで、準備はOKです。

日本語関数の使えるエクセルブックの作成

まずは、「エクセル関数日本語化Pro」を起動します。

「エクセル関数日本語化Pro」のメイン画面

「エクセル関数日本語化Pro」のメイン画面

「エクセル関数日本語化Pro」のメイン画面が開きますので、ここから「Excelブック作成」ボタンをクリックして、日本語関数を使えるエクセルブックを作成します。

日本語関数は、通常のエクセルブックでは使用できません。

ひとつひとつ、「エクセル関数日本語化Pro」の「Excelブック作成」ボタンで日本語関数の使えるエクセルブックを作成する必要があります。

ただ、一度日本語関数の使えるエクセルブックを作成すると、あとはそのブックをコピー&貼り付けするだけで、貼り付けた先のエクセルブックでも日本語関数が使用できるようになります。

これは、日本語関数化が、ひとつのエクセルブック単体で完全に独立して機能が付加されているためです。

そのため、皆さんのパソコン内の他のエクセルブックには全く影響をあたえません

「Excelブック作成」ボタンをクリックし、保存するエクセルブック名を入力

「Excelブック作成」ボタンをクリックし、保存するエクセルブック名を入力

「Excelブック作成」ボタンをクリックしたあと、保存するエクセルブック名を入力するダイアログが表示されまさすので、ここでは「日本語エクセルブック」と入力し、「保存」ボタンをクリックします。

エクセルブックが作成されました

エクセルブックが作成されました

エクセルブックを作成完了した旨のメッセージボックスが表示されますので、「OK」ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。

作成されたエクセルブック

作成されたエクセルブック

上図のように、エクセルブックが作成されています。

早速、エクセルブックを開いてみましょう。

エクセルブックで日本語関数が使用できるようになっています。

エクセルブックで日本語関数が使用できるようになっています。

エクセルブックで日本語関数が使用できるようになっています。

実際に、日本語関数を使ってみます。

「JP文字操作」の「文字列長」などの関数を使う

「JP文字操作」の「文字列長」などの関数を使う

関数ウィザードに表示される関数名が日本語ですね。

「JP文字操作」「文字列長」などの関数を使ってみます。

「文字列長」などの日本語関数が使えている

「文字列長」などの日本語関数が使えている

「文字列長」などの日本語関数が使えています。

日本語関数の使用状況をもっと詳しく確かめてみましょう。

日本語関数の使用状況

日本語関数の使用状況

「数式」タブの「数式の表示」ボタンをクリックすると、上図のように、セル内の数式が表示されます。

関数はすべて日本語関数が使用されていますね。

以上のように、「エクセル関数日本語化Por」の「Excelブック作成」ボタンで作成したエクセルブックで日本語関数を使用できます。

英語関数名から日本語関数名への翻訳・逆翻訳

「エクセル関数日本語化Pro」で日本語関数が使用できることは分かりました。

しかし、他の人からもらったエクセルブックには当然英語関数が使用されています。

これを自分で使用しようとすると、少々敷居が高いです。

また逆に、実際に日本語関数を使用していると、例えば他の人にエクセルブックを渡すとき、英語関数に戻して渡したい場合もあります。

あるいは、入門用に日本語関数を使っていて、もう少し英語関数にチャレンジしたくなったときに、今まで使っていた日本語関数の入ったエクセルブックという資産を無駄にしたくはないですね。

「エクセル関数日本語化Pro」では、「英語関数から日本語関数への翻訳」日本語関数から英語関数への翻訳を行う機能があります。

ただし、注意点として、できるだけ翻訳できる関数は翻訳しますが、一部翻訳できない関数があります。

  • 対応する英語関数がない日本語関数
  • プラグインとして追加された日本語関数(対応する英語関数がない)
  • その他、エクセルの制限として、英語関数に翻訳できない日本語関数

これら以外は、英語関数と日本語関数は、互いに翻訳、逆翻訳できます。

英語関数を日本語関数に翻訳

「英語→日本語関数」ボタン

「英語→日本語関数」ボタン

 

エクセルブックの英語関数から日本語関数に変換するには、「英語→日本語関数」ボタンをクリックします。

翻訳前のエクセルブック

翻訳前のエクセルブック

英語から日本語への翻訳前のエクセルブックが上図のような状態だとします。

次に、「英語→日本語関数」ボタンをクリックします。

翻訳元の英語エクセルブック

翻訳元の英語エクセルブック

まずは、翻訳元の英語エクセルブックを選択します。

選択後、「開く」ボタンをクリックします。

翻訳先の日本語エクセルブック名を入力

翻訳先の日本語エクセルブック名を入力

次に翻訳先の日本語エクセルブック名を入力し、「保存」ボタンをクリックします。

翻訳完了

翻訳完了

翻訳が完了しました。

早速、日本語のエクセルブックを確認してみましょう。

日本語関数に翻訳されたエクセルブック

日本語関数に翻訳されたエクセルブック

上図が英語関数から日本語関数に翻訳されたエクセルブックです。

 

日本語関数を英語関数に翻訳

次に日本語関数を英語関数に翻訳してみましょう。

「日本語関数→英語」ボタンをクリック

「日本語関数→英語」ボタンをクリック

日本語関数を英語関数に変換したエクセルブックを作成するには、「日本語関数→英語」ボタンをクリックします。

日本語関数の使用されているエクセルブック

日本語関数の使用されているエクセルブック

上図のような日本語関数の使用されいるエクセルブックを使用して、英語関数に翻訳してみましょう。

日本語から翻訳された英語関数

日本語から翻訳された英語関数

上図のように日本語関数名から英語関数名に翻訳がされています。

英語関数名から日本語関数名への一括翻訳

前項では、エクセルブックを翻訳する度に1回1回ボタンをクリックして、翻訳対象のエクセルブックを選択し、保存先のエクセルブック名を入力しなければ行けませんでした。

「エクセル関数日本語化Pro」には、指定したフォルダ内にあるエクセルブック群を一括して翻訳する「一括翻訳」機能があります。

日本語から英語へ、英語から日本語へ、共に一括翻訳できます。

英語関数を日本語関数に一括翻訳

英語関数群のあるフォルダ

英語関数群のあるフォルダ

上図英語関数群のあるフォルダでフォルダ名は「en」です。

「英語→日本語 一括翻訳」ボタン

「英語→日本語 一括翻訳」ボタン

ここで、「英語→日本語 一括翻訳」ボタンをクリックします。

「英語→日本語 一括翻訳ダイアログ」

「英語→日本語 一括翻訳ダイアログ」

すると、「英語→日本語 一括翻訳ダイアログ」が開くので、一括翻訳するエクセルファイル群のあるフォルダを、「フォルダ選択」ボタンをクリックして、選択します。

フォルダ「en」を選択

フォルダ「en」を選択

ここでは、英語関数のエクセルブック群のあるフォルダ「en」を選択します。

「一括翻訳」ボタンをクリックする

「一括翻訳」ボタンをクリックする

最後に「一括翻訳」ボタンをクリックします。

なお、一括翻訳する対象のエクセルブックの翻訳先のブック名には、翻訳元のブック名の後に「_jp」という文字が追加されて保存されます。

「_jp」以外の文字が良い場合は、上図のダイアログで「_jp」の箇所を変更してください。

一括翻訳が完了

一括翻訳が完了

一括翻訳中は、「動作内容」のテキストボックス内に、進捗状況が逐次表示されます。

途中でキャンセルしたい場合は「キャンセル」ボタンをクリックしてください。

このように、フォルダごとに一括で翻訳できます。

日本語関数を英語関数に一括で翻訳

日本語関数を英語関数に一括で翻訳する場合も同様です。

「日本語→英語 一括変換」ボタン

「日本語→英語 一括変換」ボタン

「日本語→英語 一括変換」ボタンをクリックします。

「日本語→英語 一括変換」ダイアログ

「日本語→英語 一括変換」ダイアログ

「日本語→英語 一括変換」ダイアログが開くので、まず一括変換対象のフォルダを「フォルダ選択」ボタンをクリックして選択します。

ここでは、「jp」フォルダを選択しています。

次に、翻訳後の英語関数エクセルブックの末尾につく文字を指定します。初期状態では末尾に「_en」がつきます。

最後に「一括変換」をクリックします。

一括変換後

一括変換後

一括変換が完了しました。

このように、日本語関数から英語関数へ翻訳したエクセルブックもフォルダを指定して一括して翻訳することが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本語関数の使えるエクセルブックは、そのエクセルブック単体で完結して日本語化されているため、パソコンの他のエクセルブックやエクセル自体には何も影響を与えませんでした。

また、「VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する」オプションを有効にしないと、日本語エクセルブックの作成や翻訳機能は使用できませんでした。

「VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する」オプションを有効にするとセキュリティ的に弱くなるため、ウィルス対策ソフトが必要になってきます。

しかし、「VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する」オプションを有効にしなくても、「エクセル関数日本語化Pro」に添付の「サンプル.xlsm」をコピー&貼り付けするだけで、日本語関数は使用できます。

「サンプル.xlsm」は「エクセル関数日本語化Free ver.3」として別途フリーウェアとして配布していますので、そちらもご覧ください。

また、英語関数から日本語関数への翻訳・逆翻訳も可能で、翻訳するエクセルブックを一つのフォルダに集めて一括翻訳することも可能でした。

一括翻訳は操作が楽ですので、お勧めします。

それでは、エクセルにより親しんでいただけることを願ってますー (^_^)/

The following two tabs change content below.
KaBA@フリーランス修行中

KaBA@フリーランス修行中

IT企業で経験を積み、社内WordPress講師、C言語新人教育も担当。2016年にフリーランスに転向。以降ソフトウェア関連の業務に従事中。在学中に独学でC言語を覚えました。しかし新卒入社の会社を1年で退職し、モラトリアム(ニート?)に。その間、C++やVB6.0、Perl、HTMLなどをやはり独学で学び実際にプログラムを組んだりして習得、次のIT会社に無事入社できました。 本とインターネットのWeb情報があり、パソコンの練習をする時間さえ確保できれば、独学でもなんとか覚えていくことができる、と、一人思っています。 保有資格は、CS2級ワープロ技士、CS2級表計算技士、OracleマスターGold10g、Linux LPIC level.1、簿記3級、ビジネス会計2級、統計士、第2種情報処理技術者など。 趣味は読書で、小宮一慶さんや松下幸之助さんなど著名人の本を読んでいる他、赤川次郎さんの三毛猫ホームズシリーズや司馬遼太郎吉川英治さんの三国志などが好きです。