高品質スマホ立て 3Q forever を買ってみた レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
高品質スマホ立て 3Q forever を買ってみた レビュー

高品質スマホ立て3Q foreverを買ってみた レビュー

序文

はい。

いよいよ真冬に突入ですね。

日本の西海岸の長崎でも雪がちらほら降り始めました。

今年も、“Winter again”ですね。

さて、本日は、高品質なのに低価格で使いどころも色々ある、スマホ立て、「3Q forever」の製品を紹介します。

“Winter again, anything other 3 Quarter of year forever“。というわけで。


3Q foreverというスマホ立て。2枚買ってみました。

Amazonでは、590円から499円くらいにプライスダウンしているようです。

Amazonで販売中の3Q forever

Amazonで販売中の3Q forever

https://amzn.to/2CSvT74

昨年、自分が3Q foreverを買った際は、590円していましたが、2019/1/30現在のところ499円プライスダウンしているようです。

人気商品でバカ売れしているのでしょうか。

使用してみたところ、品質も良く、この手のグッズにしては良心的な価格設定が効いているのだと思います。

499円のスマホ立て。コンパクトでグリップが効く

3Q forever 折りたたみ時

3Q forever 折りたたみ時

というわけで、色違いを2枚買ってみました。

ちょうど、自宅にZenFone3ZenFone4 Maxがありましたので。

3Q foreverは折りたたんだ状態では、コンパクト、かつ、薄いです。

自分は本棚の手元に近い方に放り込んでいます。で、使うときになったら、取り出して使っています。

横サイズはスマホより若干小さいくらい。

縦サイズは、スマホ立ての支えの支柱となる板を斜めに刺す箇所になりあすので、そこそこ幅があった方が、何段階かにスマホ立ての角度を調整できます。

3Q foreverでは、今の縦サイズで十分な、スマホ立ての傾斜角度がとれていると思います。

立ててみたところ。機能美。素材が良い。

3Q forever 立てたところ

3Q forever 立てたところ

3Q foreverを立てて見たところです。

見たとおり、スマホを支える板はそれほど高さはありません

スマホを立てる程度では十分ですが、タブレットを縦置きに立てるのは、重量的な意味も含めて、少し難しいかもしれません。

たたんだ状態からの立て組の仕組み仕方はシンプルで、寝ている板を起こして、その板の背面の支え板を、起こした板のあった箇所にある段階的な差し込み口に刺して固定するだけです。

2枚使ったらタブレット立てにもなるのではないか?

ASUS ZenPad8を立ててみた

3Q foreverを2枚使って、タブレットを立てたところ

3Q foreverを2枚使って、タブレットを立てたところ

スマホが2台あったため、3Q foreverを2枚買ったのですが、「これって、2枚使えばタブレットも立てられるんじゃないか?」と思い、3Q foreverを2枚使って、ASUS ZenPad8.0(iPad Mini位のサイズ)を立ててみました。

さすがに、縦方向の高さが足りず、タブレット上側をタップすると、少しぐらつきます。

ただ、グリップは安定しているので、軽くタップすることに慣れればOKですし、後方に下がることもありません。

スマホ立て2枚でASUSタブレットを使って見ているところ

立っている角度は調整できるので、お好みに。ただ、あまり傾けすぎると倒れそうになります。

立っている角度は調整できるので、お好みに。ただ、あまり傾けすぎると倒れそうになります。

立っている角度は調整できるので、お好みにされてください。

ただ、あまり傾けすぎると重心のバランスの関係で倒れそうになります。

これを見ると、タブレットは横置きの方が良いかも?とか思えてきました。

背面

背面はこんな感じになっています。

背面はこんな感じになっています。

背面はこんな感じになっています。

ホント、タブレットの下端のみで支えているって感じで、重心がずれています。

それでも、ある程度タブレットを使えるのは、3Q foreverの下面のゴムグリップと、タブレットを置くスペースのゴムグリップによる安定度によるものだと思います。

大きさが1.2倍になった新モデルもある

大きさが1,2倍になった新モデル

大きさが1,2倍になった新モデル

https://amzn.to/2FUPeIR

大きさが1.2倍になった新モデルもあります。

価格は200円ほどアップしています。1割アップですね。

これなら、より大きいスマホやタブレット向けにも安心かもしれません。

グリップが効き過ぎるため、立てたタブレットを移動する際にやや不便。そのまま移動できない。

ただ、安定度のためのゴムグリップにも弱点はあります。

机の上でタブレットやスマホを移動しようとすると、そのゴムグリップが邪魔をするのです。

するする~と移動して欲しいのですが、グリップするので、動きません

どうしても動かすなら、一度3Q foreverからタブレットやスマホを取り外して、移動先に再配置する必要があります。

グリップが効いているので、当たり前といえば当たり前なのですが、結構気になります

カラーリングのラインナップも豊富。ただレッドは・・・

カラーリングのラインナップ

カラーリングのラインナップ

カラーリングのラインナップは充実しています。

シーンに合わせて選べそうですね。

ただ、レッド色は、・・・、

レッド色もあったけど、プラスティックのレッド色はイマイチ冴えない・・・です。

レッド色もあったけど、プラスティックのレッド色はイマイチ冴えない・・・です。

レッド色もありましたが、プラモの赤色の発色風で、レッド色はイマイチ冴えない・・・です。

これは素材の限界、というところですね。。。。

(一応、赤い彗星も試して見たいと思って買ったのですが。。。)

まとめ

皆さん、お疲れ様でした。

ここまで読んで頂いて、誠にありがとうございました。

本日の学びを以下にまとめます。

  • 3Q foreverの製品はプラスティックの質もよくグリップも良く効き、スマホスタンドにちょうど良い
  • スマホ関連商品なのに、価格も低価格でお財布に優しい
  • 2枚使うとタブレットも立てられる。少なくとも横置きはできる。
  • 大きさが1.2倍になった新モデルも登場。価格は200円くらいアップ
  • カラーリングのラインナップが充実
    ただレッド色の発色がイマイチ。(プラスティックなのでしかたがない)

以上となります。

自分も使ってみて、各稼働箇所の動作を見てみましたが、ほどよく抵抗感のある動きをしていましたので、十分長く持つ製品なのではないかと思っています。

皆さんも、ご興味があられたら、低価格でもありますので、今までのスマホ立てに満足されていないなら、3Q foreverをお取り寄せされても良いかもしれませんね

それではー またー (^_^)/

こちらもどうぞ

The following two tabs change content below.
KaBA@フリーランス修行中

KaBA@フリーランス修行中

IT企業で経験を積み、社内WordPress講師、C言語新人教育も担当。2016年にフリーランスに転向。以降ソフトウェア関連の業務に従事中。在学中に独学でC言語を覚えました。しかし新卒入社の会社を1年で退職し、モラトリアム(ニート?)に。その間、C++やVB6.0、Perl、HTMLなどをやはり独学で学び実際にプログラムを組んだりして習得、次のIT会社に無事入社できました。 本とインターネットのWeb情報があり、パソコンの練習をする時間さえ確保できれば、独学でもなんとか覚えていくことができる、と、一人思っています。 保有資格は、CS2級ワープロ技士、CS2級表計算技士、OracleマスターGold10g、Linux LPIC level.1、簿記3級、ビジネス会計2級、統計士、第2種情報処理技術者など。 趣味は読書で、小宮一慶さんや松下幸之助さんなど著名人の本を読んでいる他、赤川次郎さんの三毛猫ホームズシリーズや司馬遼太郎吉川英治さんの三国志などが好きです。