要チェック?! パソコン工房のお値頃新品パソコン レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
要チェック?! パソコン工房のお値頃新品パソコン レビュー

要チェック?! パソコン工房のお値頃新品パソコン レビュー

序文

はい。

清秋の候、皆さんお元気でパソコンライされていらっしゃいますでしょうか。

最近、私は親戚から中古パソコンの購入を手伝って欲しいと頼まれて、ネットのYahooの中古パソコン市場をチェキッ!したり、休日に長崎県佐世保市のパソコン工房に中古パソコンの下見をしにいったりしておりました。

皆さんもお感じでしょうが、最近は中古パソコンの値段が下がってきております。

そのため、中古パソコンのコストパフォーマンス(費用対効果)が高くなってきており、今は中古パソコンは大変お買い得です。

特にデスクトップですと、Core i5や、Core i7などがお値頃で手に入る3万円~4万円の価格帯です。

(第3世代Coreや第4世代のCore などのCPUを持ったデスクトップパソコンがお買い得です)

しかし、ふと、Twitterをしていたときにパソコン工房の広告を見て

しかし、ふと、Twitterをしていたときにパソコン工房の広告を見て、これは・・・、と思い、クリックしてみました。

すると、・・・、もしかしたら、新品のパソコンも値下がりしてきていてお買い得なのでは・・・?と思った次第です。

特に第8世代Core i3は4コア、第8世代Core i5は6コア強化されています。


パソコン工房のオンラインショップのラインナップ

バリューモデルのラインナップ

バリューモデルのラインナップ

https://www.pc-koubou.jp/pc/desktop.php?pre=bct2259_c02

上記リンク先では、上図のような新品パソコンのラインナップが紹介されています。

第8世代Core i3が4コアで54,980円、第8世代Core i5が6コアで59,980円です。

第3世代Core i5の中古パソコンがだいたい3万円~4万円の価格帯ですので、新品で6万円を切る価格帯で新品ラインナップを揃えているパソコン工房さんは、大変アグレッシブです。

Corei5-8400(6コア6スレッド)

モデルMクラス

モデルMクラス

59,980円の第8世代Corei5-8400(6コア)です。

ミニタワー でマザーボードはmicroATXです。

モニターは別売りですね。。。残念ですが。
確かにもう既にモニターを持っている人は多いでしょうから、モニターが必要な人は別途買ってくださいってところでしょうか。
モニター込みの価格ではないことは、あまり目立たないところに書いてあります。。。

HDDが1TBです。SSDを別途インストールしたいところです。
オンラインショップでカスタマイズ注文してSSDの256GBか512GBに変えてもらうのも一つの手でしょう。

メモリ8GB×1枚。空きスロット×1です。これは大変おいしいです。
あと1枚8GBのメモリを買うだけで、合計で16GBになります。

普通は全体で8GBのメモリだった場合は4GBのメモリが2枚構成だったはず。

この2枚構成だと、メモリをさす箇所が空いておらず、4GBの2枚を全て取り払った上に、8GBを2枚買ってしまなわいと行けないことになります。

そのため、8GBメモリが単独1枚で刺さっており、空いているメモリを指すスロットが1個あることはお得なのです。

あとは、8GBのメモリを1枚買い足すだけですみます。

メモリ規格はDDR4-2666 DIMM (PC4-21300)です。
現在DDR4規格のメモリは3種類あるようですが、DDR4-2666が最も速いようです。

 

あと1枚8GBのメモリを買うだけで、合計で16GBになります。

詳細は以下のURLをご参照ください。

「実測値は、33.2nsec(ナノ秒)を記録したDDR4-2666が最も高速だった。DDR4-2666のメモリタイミング設定は比較した規格の中で最も不利といえるが、高クロック動作がこれを補ったようだ。」

筐体背面の各種ポート差し込み口ですが、下図のようになっているようです。

ビデオ出力はDVI-Iとディスプレイポートで、D-SubとHDMIはないようです。

背面パネル

背面パネル

Corei3-8100(4コア4スレッド)

モデルSクラス

モデルSクラス

54,980円の第8世代Core i3-8100のモデルです。

記憶装置は、Serial-ATAのSSD128GBです。高速に動きますが、デスクトップなら、長く使うものですから、もう少し容量を多めに欲しいところですね。256GBもしくは512GBにカスタマイズされた方が良いかもしれません。

スリムタイプですので、おそらくディスクの増設ができないのでは、と思います。

となれば、初めからディスクの容量を大きくとっていた方が、後からディスクを大容量のものと交換するよりお得です。

ディスクを交換すると、新たにWindwos10も購入する必要がありますので、お金もディスクとは別にさらに2万円くらいかかります。

筐体はスリムタイプ のmicroATXの筐体です。
机の上にも置けるスリムタイプで、置き場に困りませんね。

このコンパクトさは、パソコンの配置場所を色々と変えられる自由さがあり、配置の選択肢が多くなって良いですね。

筐体はスリムタイプ のmicroATXの筐体です。

Core i5と同じく、モニターは別売りです。これも、もうモニターを持っている人と、これから買う人の選択肢を増やしているわけですね。

しかし、安くてもよいのでモニターもセットにしておいてもらった方が良いと思う人もいるかと思います。

その場合、例えば中古の1世代か2世代前の程度の良い中古をお買い求められるのも良いかもしれません。

最近は室内でタバコをすう人も少なくなり(例えば会社のパソコンがそうですね)、中古モニタでもきれいな状態のものが多いです。

メモリもCore i5と同じく8GB×1枚で、空きスロット×1です。これも嬉しいですね。




Windowsパソコン、Windowsタブレット用ソフトウェアキーボード「キーサーファー」
50音の「かな」「カナ」「がぎ」「ガギ」「ぱぴ」「パピ」タブから日本語入力できるソフトウェアキーボードです。
日本語変換にはYahoo!のVJEを用いています。もちろん、MS-IMEやATOKへの入力モードへ切り替える「直接入力モード」も備えています。
さらに、スマホのフリック風の2段タップ入力により、入力感をアップさせることができます。1段タップモードと簡単に切り替えることができます。
配色テーマは「グレー」「ブラック」「ピンク」が用意されており、お好みに合わせて切り替えることができます。

メモリ規格は、DDR4-2400 DIMM (PC4-19200)とDDR4としては、やや遅いタイプのものです。

ただし、前世代のDDR3とDDR4ではスピードがかなりアップしていますので、DDR4のメモリが使えることはパフォーマンスのアップに繋がっています。

ただ、良くを言えば、Core i5と同じく、最新のDDR4-2666 DIMM (PC4-21300)が欲しかったところですね。

パソコンの背面パネルは下図のようになっています。DVI-Iとディスプレイポートがあり、D-SubとHDMIはありません。

ディスプレイポートがHDMIポートの代わりになるとはいえ、気軽に使えるHDMIポートは欲しいところでしたね。

背面パネル

背面パネル

パソコン保証期間

パソコンの保証期間は、3年間保証と4年間保証プランがあります。

  • 3年間保証・・・本体代金の10%(60,000円(税別)未満の商品は一律6,000円(税別))
  • 4年間保証・・・本体代金の15%(60,000円(税別)未満の商品は一律9,000円(税別))

だそうで、3年保証が5%お得ですね。

ここは、個人の方の考え方になりますが、だいたいのパソコンの買い換えサイクルが3年ほどの方は3年保証がお得です。

5年以上同じパソコンを使われる方は4年保証が良いかと思います。

なにせ、パソコンは壊れやすいものですから。

取り扱い方次第では、冬場の静電気などでも、壊れてしまいます。

まとめ

皆様、大変お疲れ様でした。

また、ここまで読んで頂き、誠にありがとうございました。

今日の学びを以下にまとめます。

  • 中古パソコンもお値頃な時代ですが、それにひきずられて、新品パソコンも値下がりしてきており、新品パソコンもお値頃品がある
  • パソコン工房の第8世代Core i5は、59,980円とリーズナブルな価格帯で、6コアの強力なCPUを積んでいる
  • パソコン工房の第8世代Core i3は、54,980円で、SSDまで搭載していて、高速な記憶装置と割安な値段となっている
  • パソコン工房のパソコンの保証期間は、3年保証と4年保証があり、5%お得な3年保証を選ぶか、パソコンを長期的に使うなら4年保証を選ぶか、または、保証をつけないか、を選ぶことができる。

いやー、ここまで書いていて、自分も新品パソコンが欲しくなってきました。^^

でも、今の中古パソコンのローンが、あと5ヶ月残っていますから、来年の4月以降まで持ち越しです。

皆さんも、ご自分にあった中古パソコン、新品パソコンをチョイスされてください!

それではー またー (^_^)/

The following two tabs change content below.
KaBA@フリーランス修行中

KaBA@フリーランス修行中

IT企業で経験を積み、社内WordPress講師、C言語新人教育も担当。2016年にフリーランスに転向。以降ソフトウェア関連の業務に従事中。在学中に独学でC言語を覚えました。しかし新卒入社の会社を1年で退職し、モラトリアム(ニート?)に。その間、C++やVB6.0、Perl、HTMLなどをやはり独学で学び実際にプログラムを組んだりして習得、次のIT会社に無事入社できました。 本とインターネットのWeb情報があり、パソコンの練習をする時間さえ確保できれば、独学でもなんとか覚えていくことができる、と、一人思っています。 保有資格は、CS2級ワープロ技士、CS2級表計算技士、OracleマスターGold10g、Linux LPIC level.1、簿記3級、ビジネス会計2級、統計士、第2種情報処理技術者など。 趣味は読書で、小宮一慶さんや松下幸之助さんなど著名人の本を読んでいる他、赤川次郎さんの三毛猫ホームズシリーズや司馬遼太郎吉川英治さんの三国志などが好きです。