米社サンディスクの500GBのSSDが12,400円まで安く – 本日のグッズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
米社サンディスクの500GBのSSDが12,400円まで安く - 本日のグッズ

米社サンディスクの500GBのSSDが12,400円まで安く – 本日のグッズ

https://amzn.to/2LnyA3q

序文

はい。

米国に本拠地を持つ半導体メーカー、サンディスクのSSDの500GBの値段が12,000円台まで下がってきました。

他社のトランセンド(台湾)やサムスン(韓国)がそれぞれ、17,000円台、18,000円台なのと比べると、だいぶ安価になってきています。

3ヶ月くらい前まではSSDの500GBは、各社とも15,000円程度はしていました。

サンディスクは、日本企業の東芝と提携している会社です。

みなさんご存じの通り、東芝は、半導体メモリ事業が堅調で収益の頭となっています。

ほぼ日本製の半導体メモリであるSSDといっていいでしょう。

そのため、品質は保証されています。

ほぼ日本製の半導体メモリであるSSDといっていいでしょう。 そのため、品質は保証されています。

ほぼ日本製の半導体メモリであるSSDといっていいでしょう。そのため、品質は保証されています。

https://www.sandisk.co.jp/

高品質でお値頃価格なSSDです。


円安ドル高でも、お値頃

トランプ貿易摩擦で、輸出依存国である日本の企業の株価は、大きく揺らいでいます。

逆に、米国景気は好調です。

そのため、為替は円安ドル高となっており、米国製の製品を日本へ輸入すると、円安ですから価格が高くなってしまいます。

しかし、サンディスクは日本法人があり、東芝とも提携しており、工場も日本にあります。

日本国内の流通のため、為替に関係なく、安価で高品質な製品が購入できます。

逆にサムスンなどの韓国企業の500GBのSSDは18,000円台になるなど、為替の影響が出ています。

高技術力のある3D-NAND半導体

サムスンという韓国企業が先んじて導入したSSDに使われている半導体を3次元的に構成し配置する、V-NANDと呼ばれる技術があります。

これれら一般的には、3D-NANDと呼ばれます。

立体的に半導体素子を配置し、SSDの容積の中の半導体の密度を上げることで、SSDの大容量化を実現する技術です。

もちろんサンディスクも、3D-NANDに取り組んでおり、以下のような発表もあります。

「世界一速い64層3D NAND技術」のSSDが国内発表

「世界一速い64層3D NAND技術」のSSDが国内発表

http://ascii.jp/elem/000/001/525/1525445/

各社のSSDの価格一覧

各社のSSDの価格一覧(500GB)

各社のSSDの価格一覧(500GB)

https://amzn.to/2LaEok9

上図には、ほぼメジャーなSSDメーカーの500GBSSDの製品の2018年7月現在のAmazon価格です。

サンディスクを所有し東芝とも提携しているWD(ウエスティン・デジタル)も13,840円と安価ですね。

SSDの容量はどの容量が良いのか?

皆さんは、どのくらいの容量のSSDが必要でしょうか?

128GBですか?OS(Windows10)がバックアップも含めて30GBほど消費しますので、将来性を考えるともっと欲しいところですね。

256GBですか?これくらいあれば十分かもですね。実際、今のSSDの売れ筋は256GB(240GB)です。

256GBは価格も6,000円からと、手にしやすいお値頃価格で、お財布にも優しいですね。

256GBは価格も6,000円からと、手にしやすいお値頃価格で、お財布にも優しい

256GBは価格も6,000円からと、手にしやすいお値頃価格で、お財布にも優しい

https://amzn.to/2zMZyQG

512GBですか?このくらいの容量があれば、将来的にも十分そうですね。ただ、256GBのSSDの価格の単純な倍額になっていますので、あまりプレミアムなバリュー(お得)感が少ないかもしれません。しかし、容量的には安心感がありますね。

2019/1/29追記

続報です。

2019/1/29現在、SATA-SSDの価格がさらに下がってきているようです。

  • SSD256GBは6,000円代
  • SSD512GBは8,000円代

と、1万円以下の価格帯で、かなりお値頃になっています。

2019/1/29時点の256GBのSSD、6,000円代

2019/1/29時点の256GBのSSD、6,000円代

https://amzn.to/2DEmqSB

2019/1/29時点の512GBSSD、8,000円代

2019/1/29時点の512GBSSD、8,000円代

https://amzn.to/2DDQBJE

自分もそろそろ買い換えサイクルに入ってますので、物色(!)中です。(^_^)

まとめ

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。大変お疲れ様でした。

SSDの価格がこなれてきていて、手を出しやすくなってきています。

まとめると、

  • 128GB
    容量が少々少ないです。将来に不安
  • 256GB
    これくらいあれば、容量も十分。お値段も6,000円からとお値頃
  • 512GB
    たっぷりな容量。安心感あり。お値段も12,000円程度から

というような状況です。

皆さんのご予算に合った良い選択肢が増えてきていて、バリュー(お得さ)が出てきてきましたね。

「いつかはクラウン」♪

ということで、

「そろそろSSD」♪

と、なるといいですね。

それではー またー (^_^)/

The following two tabs change content below.
KaBA@フリーランス修行中

KaBA@フリーランス修行中

IT企業で経験を積み、社内WordPress講師、C言語新人教育も担当。2016年にフリーランスに転向。以降ソフトウェア関連の業務に従事中。在学中に独学でC言語を覚えました。しかし新卒入社の会社を1年で退職し、モラトリアム(ニート?)に。その間、C++やVB6.0、Perl、HTMLなどをやはり独学で学び実際にプログラムを組んだりして習得、次のIT会社に無事入社できました。 本とインターネットのWeb情報があり、パソコンの練習をする時間さえ確保できれば、独学でもなんとか覚えていくことができる、と、一人思っています。 保有資格は、CS2級ワープロ技士、CS2級表計算技士、OracleマスターGold10g、Linux LPIC level.1、簿記3級、ビジネス会計2級、統計士、第2種情報処理技術者など。 趣味は読書で、小宮一慶さんや松下幸之助さんなど著名人の本を読んでいる他、赤川次郎さんの三毛猫ホームズシリーズや司馬遼太郎吉川英治さんの三国志などが好きです。